❤️【江戸川思い出の愛唱歌を歌う会】

江戸川思い出の愛唱歌を歌う会 会員募集 !!

2017年秋に二つの演奏会で、私が編曲した「日本の子守唄メドレー」他を演奏します。
混声四部の曲なのですが混声3部で歌っています(笑)

そうなんです。男声があまりにも少ないのです。
そこで、入会してくださる方(特に男性の方)を募集しています。
男声が増えれば混声四部で歌えるかも知れません。

こちらは私がメドレー用に編曲した「日本の子守唄メドレー」の抜粋録音です。
「"バス"パート」が入っていません。(汗)



こちらも私の編曲の「砂山」(混声四部)のサンプルをアップします。
FINALEでプレイバックしたもので未編集ですのでクオリティーについてはご容赦ください。
http://composer-draemon.up.seesaa.net/image/sunayama28konsei29.mp3

*********************************


対 象:愛唱歌を楽しく美しくハモりたい方

練 習:第2・4土曜日 午後1時半〜3時半
会 場:江戸川グリーンパレス4階音楽室

費:月3,000円

指 導:野上 結美   ピアノ:すずきみゆき


PA270017.jpg

19990121_840970086061490_1721629327082558315_n.jpg
続きを読む
posted by すずきみゆき at 20:54| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 9.お知らせとメモ | 更新情報をチェックする

❤️ダンベルとエクササイズのノート

いつも使っているダンベルとエクササイズのノートです。
5e1e3e_1d11e73ba9bf44449af751b8119fef29~mv2.jpg

5e1e3e_bf2a7593f2094548b8365e8823d027fa~mv2.jpg

→続きを読む
posted by すずきみゆき at 20:54| 東京 ☀| Comment(0) | 9.お知らせとメモ | 更新情報をチェックする

桑原洋明の吹奏楽のための「三つの断章」を見つけた!!

posted by すずきみゆき at 00:35| 東京 ☀| Comment(0) | 3.私たちの作品 | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

すまないな…(笑)

A06FBAD9-3EDE-4BFB-A7BD-90E17D0EBB05.jpg

悪いが私の分厚い音をペラッペラにする訳にはいかないし、
ライフワークを終わらせてから逝くと決めているんだ。
だからこの計画は遂行させてもらうよ。すまないな…(笑)

posted by すずきみゆき at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | 6.作曲家の日常 | 更新情報をチェックする

白鷺(親水緑道)

接骨院の帰り、親水緑道に白鷺がいました。
25507823_920704834754681_8098971526557534985_n.jpg

25550123_920704861421345_8091041032284587766_n.jpg

25594194_920704838088014_4622909222420224763_n.jpg

posted by すずきみゆき at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 6.作曲家の日常 | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

免疫難病に対する新しい治療薬の開発へ期待

白血球の炎症反応をブロックできる化合物を発見
(免疫難病に対する新しい治療薬の開発へ期待)
posted by すずきみゆき at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | 8.命あっての物種 | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

肺などのことを調べている

<肺:右上葉肺結節 両肺の索状影>

●右肺上葉腹側に結節(5mm)あり。・・・良性と思われるが定期的に経過観察。
※ 結節影:何らかの原因で影が認められた状態。危険性や疾患の種類をこの段階で特定することができないので、精密検査の指示が出た場合は放置せず受診すること。

●右中葉や左下葉に索状影あり。陳旧性炎症や板状無気肺を考える。
※ 索状影:2~3mmのやや太い陰影を索状影という。胸膜肥厚や気管支拡張等で現れる。
※ 無気肺は,肺組織の容量減少を伴う虚脱である。無気肺が広範囲に及ぶと,呼吸困難または呼吸不全を起こすことがある。肺炎を発症することもある。無気肺を起こす原因の中には胸膜性胸痛を伴うものもある。診断は胸部X線による。治療として,咳嗽および深呼吸の維持,ならびに原因そのものの治療がある。
※ 胸膜肥厚:原因は主に3つあります。
撮影したときの写り具合が前回と違った
本当に新しい病気が出現した
レントゲンの担当医(読影方針)が変わった
※ 気管支拡張症:気管支が拡張した状態で、時々炎症が加わる場合がある。
 
 
<肝臓>

●肝両葉や尾状葉に嚢胞あり。軽度増大している。
※ 肝嚢胞:肝臓のなかに液体のたまった袋ができる病気。嚢胞は1個の場合も複数の場合もあり、大きさは数mmから10cmを超えるものまでさまざま。 
 50歳以上の女性に多くみられ、超音波検査を受けた人の約5〜20%に発見される。

posted by すずきみゆき at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 8.命あっての物種 | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

再び「ヤツめ」

大量の鼻水に溺れてドザエモンにならずに、今日もこうして生きていることが幸いである。(苦笑)
今年鼻水が激増したのは、今年は極めて気温が低く、室内と屋内との寒暖差によるストレスに晒された事が原因であろう。確かに「血管移動性鼻炎」というのは頷ける。

それにしても、毎日計っている排痰用ボトルに320mlを記録した時は、私の中の冷めた感覚が何かしらを覚悟したように感じられた。
将来どうなるかは分からないが、いずれにしても自分の心身に向き合って生きるしかあるまい。まさか体だけを捨てるわけにはいかないのだし、どのような代物であれ "心身" が揃ってこその私なのだから。

実は、以前から苦しめられていた胸の感覚を元に、2015年2月に詩を書いていた。
これが気管支拡張症が始まったことを肺が脳に知らせた信号だったのではないか?


この時、既に私は、胸の痛みや違和感と共に生きるしかないと覚悟していたようだ。


 

■詩【ヤツめ】  2015.2.7

posted by すずきみゆき at 18:29| 東京 ☀| Comment(0) | 8.命あっての物種 | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

NCGMの災害救援チーム

東日本大震災の後、私の主治医 Dr.Oも2ヶ月間、松島へ医療支援活動に行っていらっしゃいました。
お帰りになられた後の受診の折、かなりお疲れのように見受けられ、松島での激務を目の当たりにした思いがしました。

ご自身の健康よりも優先しなければならない仕事がたくさんあるご職業、非常事態には殊更大変だったに違いありません。

Dr.Oは私を含むNCGM病院の多くの患者にとっても無くてはならない存在です。あの時は、先生が松島から医療センターに戻られるまで、ほんとうに気がかりでした。

24909939_915680498590448_6482495702583853293_n.jpg

posted by すずきみゆき at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | 6.作曲家の日常 | 更新情報をチェックする